エルゴの防寒カバーは冬の必須アイテム、ベビーホッパーの防寒カバーを使ってみて

木の実に雪が降りかかっている

こんにちは、minaluです!

今日は抱っこ紐とベビーカーに装着できる防寒カバーについてご紹介します。

赤ちゃんの冬の防寒ってどうするの?
赤ちゃんに上着って必要なの?
とママになった方はこれからの時期をどう過ごすが悩みものですよね。

minalu
そんなママと赤ちゃんにぴったり!エルゴ専用の防寒カバーを買ってみたので、お話させてくださいね。

使ってみて

私はエルゴの専用防寒カバーの「ウィンターマルチプルカバー」のグレーを2018年に購入しています。
抱っこ紐やベビーカーでそれぞれ使った感じ、付け方や使い心地をレビューをしていきます!

ベビーホッパーのエルゴの防寒カバーのグレーをハンガーにかけている正面からの写真

台形のような形でモコモコしています。

ベビーホッパーのエルゴの防寒カバーのグレーをハンガーにかけている裏側からの写真

リバーシブルになっていて、裏側はボアの生地です。

べビーホッパーのエルゴ防寒カバーのロゴの写真

ベビーホッパーのブランドタグもしっかり付いています。

べビーホッパーのエルゴの防寒カバーの裏側のボア生地のアップの写真

裏側のボア生地は少し毛長であたたかいです。

抱っこ紐の場合

特に抱っこ紐の場合は、赤ちゃんは厚着をするともこもこで抱っこしにくくなってしまうので・・
防寒カバーは本当に役立ちました。購入した当時の娘は生後6か月で、どこに行くにもほぼ抱っこ紐がメインでした。

外では付けて、車についたときやショッピングモール内では外したりとしていました。

ベビーカーの場合

実は買った年にはベビーカーにあまり乗ってくれない時期だったので、使うことが出来ませんでしたが・・
今年からはベビーカーに乗ってくれるようになったので、どんどん使っていこうと思います。

ベビーカーに乗るとズボンの裾が上がったり、足元が靴下だけでは寒いので(周りを蹴ったりするので、靴はシューズホルダーに引っ掛けて持ち歩いています)防寒カバーをつけてあげた方が良いです。

つけ方

どういうふうに装着しているのか、簡単にお見せしていきますね。

ベビーホッパーのエルゴ防寒カバーの肩のボタン部分の写真

このようにボタンがついています。肩ベルトの上部分

べビーホッパーのエルゴの防寒カバーの腰ベルト部分の写真

腰ベルト部分をつけることで、よりエルゴとの隙間がなくなります。

べビーホッパーのエルゴの防寒カバーのアジャスター部分の写真

左右にアジャスターがついています。

べビーホッパーのエルゴの防寒カバーのアジャスター部分のアップの写真

引っ張るだけなので簡単です。

べビーホッパーのエルゴの防寒カバーのアジャスター部分をきつくしたときの写真

赤ちゃんの手と足を入れておく部分がきゅっとなるので、身体の大きさに合わせて調整できます。

それぞれをエルゴに装着すればとあっという間に装着完了です。調整ベルトがついてきゅっと出来るので、赤ちゃんの手もしっかり中に入れておくことが出来ます。

ベビーホッパーのエルゴの防寒カバーを小さくしてアイフォンと大きさを比較している写真

カバー自体はとても軽いので、装着してもお出かけに予備で持っていても苦になりません。折りたたむとこのように小さくなります。
アイフォン7と比べるとこのぐらいのサイズ感です。

使い心地

フードがついているので、特に寒い日はかぶせてあげればより暖かそうです。
実はポッケがついているのでママの手もぽかぽかになりますよ~!

冬は寒いからと言って、お出かけをしなくなるわけではなく・・
子供がいると、家だとどうしても持てあましてしまうことが多いので、1日1回は必ずお外に出ます。
そんなときに子供が寒くないかを心配する必要がなくなったので、防寒カバーを買って良かったです。

付け方はほぼスナップボタンを留めるぐらいなので、すぐに付けたり外したりができるのも気軽に使える良いポイントです◎
外したときには少しかさばるので、エコバッグを余分に持っていた方が良いです。

毎年寒い時期になると売り切れになってしまうことが多いみたいなので、本格的に寒くなる前に検討してみてくださいね◎

BabyHopperって?

DADWAYというエルゴの正規販売店でつくられているのが「BabyHopper」というオリジナルブランドです。
BabyHopperでは、エルゴの防寒カバーをはじめエルゴの収納バッグ、抱っこ紐の肩部分につけるよだれカバーなどが販売されています。

エルゴの抱っこ紐については、以前の記事でご紹介しています。

お母さんに抱っこされている白いクマの帽子をかぶった赤ちゃん

エルゴアダプトクールエアは新生児から使える、メッシュ素材でママも赤ちゃんも快適!

2018年3月29日

BabyHopperの防寒カバーの種類

BabyHopperの防寒カバーは、2019年現在5種類あります。
私が購入したものは2018年モデルですが、新作を比較していきたいと思います。

商品名 オールウェザーダウンカバー オールウェザーカバー ウィンターマルチプルダウン カバー〈リモンタ〉 ウィンターマルチプルダウン カバー〈メランジ〉 ウィンターマルチプルカバー
値段

13,200円

11,000円 16,500円 11,000円 8,690円
素材 ダウン 中綿 ダウン ダウン 中綿
裏地       ボア ボア
レインカバー × × ×
カラーバリエーション ・グレー
・ネイビー
・ブラック
・グレー
・ネイビー
・ブラック
・カーキ
・ネイビー
・ブラック
・グレー
・ネイビー
・チャコール
・グレー
・ネイビー
・ブラック
重さ 320g 418g 245g 540g 440g
特徴 レインカバーとダウンカバーがついた3WAY仕様で通年使える レインカバーとライナーカバーがついた3WAY仕様で通年使える 高級感ある表地の光沢、軽くても暖かいダウンを使用 表地がさらっとした質感でおしゃれ お手頃でネットの口コミでは一番人気

【オールウェザーダウンカバー】
1年中使えて更にダウンという間違いなしに一番良い商品です。
レインカバーが必要な方、冬は絶対にダウンが良いという方はこちらがオススメです。

【オールウェザーカバー】
レインカバーがついているので、雨の日も便利な3WAYタイプの商品です。
オールウェザーダウンカバーまではお値段出せないけど・・レインカバーは絶対欲しいという方にはこちらがオススメです。

【ウィンターマルチプルダウン カバー〈リモンタ〉】

2019年の新作モデルです。ひときわ高いお値段ですが、シルエットと高級感はぱっと見ただけでもわかるものがあります。
でも正直カバーだけにこのお値段はなあと思ってしまいます。

【ウィンターマルチプルダウン カバー〈メランジ〉】

ちょっとおしゃれな感じでダウン素材が良い!という方にはおススメです。
大人用のお洋服の素材感で作られているので、ママとのコートの相性も良さそうです。

【ウィンターマルチプルカバー】

一番低価格でネットでは一番人気なのがこちらです。
私は値段を踏まえてこちらを購入しましたが、冬をこすのにも十分な暖かさです。

minalu
簡単に違いを言うとダウンか中綿か、レインカバーがついてるか、裏側にボアがついてるかというところです!

選んだポイント

私が防寒カバーを選んだ際はこちらを気にして決めました。
ネットと店頭で実際に店員さんによく聞いて納得のいく物にしました!

店員さん、ネットの口コミを重視

DADWAYの店員さんに聞いた売れ筋は、一番高いオールウェザー・ダウンカバーとのことでした。
ダウンはやはり軽くて暖かいし、抱っこ紐のレインカバーを持っていないならこちらがおススメですと言われました。
これを聞いて、私は抱っこ紐にレインカバーをつけている人をみたことがなかったので・・「どんな時にレインカバーが必要ですか?」と質問すると、「雨が結構降っているときは、赤ちゃんの足元が濡れてしまうので」とその方のお子さんとの体験談を交えながら教えてくれました。
一方、ネットの売れ筋はウィンター・マルチプルカバーです。お値段が一番お手頃だけど、十分使える!赤ちゃんが暖かくて気持ちよさそう◎というような口コミがたくさんありました。

値段の差を理解する

ベビーホッパーの防寒カバーは種類が多く、どれにしたら良いのか正直全くわかりませんでした。
ネットだけでなく、実際に店舗に足を運び娘をエルゴで抱っこしたまま試着をさせてもらいました。
実際に試してみると、正直あまりどれも変わらない?見た目はかなり変わるしこの辺りは好みかなあと思いました。

自分が気に入ったものにする

娘に付けるとは言え、持ち運びしたりコートに合わせたりするのは私なので・・私が気に入ったものを買おうと思いました。
普段一番着るコートは、ドルマン型の黒いコートなのでこれに合わせてグレーのカラーを選びました◎

まとめ

赤ちゃん用の防寒カバーいかがでしたか?
ママたちは初めての冬を過ごす赤ちゃんにとって、寒くないように風邪をひかないようにと考えますよね。
赤ちゃんの上着の脱ぎ着はとても大変なので、ボタンだけで取り外しが簡単な防寒カバーはかなりおススメです!


外は寒くても、お買い物先のモールって暖房が効いていてすごく暑いときありますよね。
大人は自分で体温調節が出来ますが、赤ちゃんはそれが出来ないのでママが簡単に調節してあげれるものが良いはずです。
一個持っていれば、来年も再来年も使い方によっては上手く活用できると思います。
抱っこ紐を使わなくなったり、ベビーカーに乗らなくなってもお昼寝のときにかけてあげたりも出来ますよね。
冬の赤ちゃんとママにとってのベストアイテムになること間違いないと思います。
寒い冬は苦手ですが、防寒カバーを使って冬もいろんなところにお出かけしたいと思います!風邪にはみなさんも十分に気を付けてくださいね。

皆さんにとって、これからの寒い季節が少しでも楽しくなれば私も嬉しいです!

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

アパレル、歯科助手、カフェでの仕事を経験し、現在1歳の娘がいる専業主婦30才。 生活の中での暮らし・お金について考えることが好きでブログを始めてみました!2017年FP3級独学で取得。 好きなことは食べる・寝る・散歩・海・おしゃれなもの