エルゴアダプトクールエアは新生児から使える、メッシュ素材でママも赤ちゃんも快適!

お母さんに抱っこされている白いクマの帽子をかぶった赤ちゃん

抱っこ紐のエルゴベビーのアダプトというシリーズの素材や使い方、使ってみてのレビューをしていきます!
付属でついているものや買い足した物、買う場所はDADWAYというお店がおススメ!ということなどもご紹介していきます。

エルゴってみんな使ってるけど実際どうなの?って思ってるママたち多いはず!
慣れるまで大変でしたが、超愛用していたアイテムなのでお見せします。

エルゴベビーって?

エルゴベビーは2003年にハワイで誕生しました。今では世界50ヵ国以上で販売さている抱っこ紐です。
赤ちゃんの体重が肩と腰で分散させる作りになっているので、ママやパパへの身体の負担が軽くなります。
長時間抱っこするのにかなり役立ちます。抱っこ紐の中での赤ちゃんの動きやすさや、快適性にもこだわっているそうです。

足を広げた姿勢を自然とキープできて、赤ちゃんがママやパパと心地よく密着できるようになっています。デザインやカラーが豊富で、パパが使ってもおしゃれでかっこいいというのも人気の理由です◎

いつから使える?

私が購入したADAPTというシリーズは新生児から使うことができます。他には、最新モデルのOMNI360というシリーズも同じく新生児から使用できます。

実は、これ以前に発売されていたエルゴの抱っこ紐は、インサートという別売りのものを付属しないと新生児から使うことができませんでした。

インサートを使用してみた方の意見
・つけるのが難しい
・生地が厚いからかなり蒸れる、窮屈そう

「新しくインサートが不要になったADAPTOMNI360にしよう!」と買う前のリサーチで絞り込みました。

素材

購入したのは、ADAPTクールエアーというメッシュタイプの素材のものです。5月31日が出産予定日のわが家の赤ちゃんは、エルゴを使ってお出かけし始める時期はとても暑そうだなと思いました。
そしてなんと言っても私自身がかなりの暑がりなのです・・

店員さんに教えてもらったメッシュ素材の特徴です。

メッシュ素材の特徴
・通気性がいいので涼しい
・洗濯をしても乾きやすい
・色落ちが布に比べると少ししにくい

使用方法

店員さんに教えてもらったことを少し簡単にご説明していきますね。

①抱っこする前の設定
②腰ベルトの引っ掛けが重要
③抱っこしてからの調整

この3つが大事だと教わりました。
まずは赤ちゃんを抱っこする前の設定です。腰のベルトの内側部分がこのようになっています。カーキ色の抱っこ紐の足の調整部分
新品の物は一番右側になっていたので、サイズをみて変更します。

足元テープのサイズ表記
赤色  0カ月~3カ月
黄色  3カ月~9カ月
水色  9カ月~48ケ月

べりっと簡単に位置を調整できました。
カーキ色の抱っこ紐の足の調整部分
次に、前側のボタンが3つあるので先程の色に合わせて変更します。

前ボタンの変更
赤色 内側のボタン
黄色 真ん中のボタン
水色 外側のボタン
カーキ色の抱っこ紐の前ボタン部分の調整
こんな感じになります。
カーキ色の抱っこ紐の前ボタン部分の調整
次は赤ちゃんの首部分の設定です。
0週~6週まではまだ首が座ってない状態なので内側に折り込みます。(7週以降は外側に折り込んで使います!)
カーキ色の抱っこ紐の赤ちゃんの首に当たる部分の紹介
下のボタンで留めます。
カーキ色の抱っこ紐の前部分のボタン
設定がこれで終わったので装着していきたいと思います。
ママの腰にベルトを締めます。ここでとても重要なのが、写真のゴムの部分に必ず先に通してからベルトをはめて下さい!
抱っこ紐の腰ベルトのゴム部分
ベルトを後ろ側に回して赤ちゃんを入れる部分が前にくるようにします。
下の部分を手で押してくぼみを作ってあげます。
カーキ色の抱っこ紐の赤ちゃんを包む内側部分
赤ちゃんを抱えて、首をしっかり支えながら足を広げてあげてこの中にいれます。その後は肩にベルトを通して写真のベルトを後ろでかちっとはめます。
カーキ色の抱っこ紐の背中のベルト
肩のベルトを調整するために、前部分にあるこちらを斜め上方向に引っ張ります。カーキ色の抱っこ紐の前のベルト部分
引っ張ることで赤ちゃんとの密着度が増します。
補足 適切な位置とは
赤ちゃんのおでこにママがちゅーできるぐらいの位置、ママと赤ちゃんのお腹には手が一枚入るぐらい

とても難しかったですがこれは練習あるのみですね。早くわが子をエルゴで抱いてみたいな、とても楽しみです!

使用感

お腹がずいぶん大きいので、ぴったり装着はできませんでしたが試着をさせてもらいました。
エルゴの抱っこ紐をお人形で試着している自分の写真エルゴの抱っこ紐をお人形で試着している自分の写真

店員さんに着け方を教えてもらい、戸惑いながらもなんとか装着できました。実際の赤ちゃんではないですが、肩や腰のしっかり感やお人形の包まれている感をみて「なんだか使いやすそう!」と思いました。本物とは重みも随分と違うけど、きっと慣れて使い始めたら良い抱っこ紐と思えそう!

色をネイビーかカーキ(ローデン)で散々迷いましたが、旦那さんから「カーキの方がおしゃれに見えるよ」と言われカーキを選びました。

付属品と買い足したもの

こんな感じでしっかり目の箱に入っています。
エルゴベビーの抱っこ紐の箱
中はぎゅっとくるまって入っています。
箱の中に入っているカーキ色の抱っこ紐
広げてみるとこんな感じです。
カーキ色の抱っこ紐
中には日本語、英語の説明書、保障カードが入ってます。
抱っこ紐についている4枚の説明書と保証書
こちらは別途買ったものです!

左:肩ベルトの前部分につけるカバー
(赤ちゃんのお顔が当たったときに痛くないように、よだれがベルトにつかないように)

右:メッシュ素材の内側に装着するカバー
(赤ちゃんが背中に汗をかいたとき、この部分だけ取り外してお洗濯すればいいとのこと)
抱っこ紐の肩カバーとメッシュカバー
リバーシブルになっていてガーゼ素材です。
ブルーのストライプ柄の抱っこ紐の肩カバー
赤ちゃんの背中に当たる側。上についてるボタンで簡単に装着できます。
抱っこ紐の内側につけるグレーのメッシュカバーの表側
裏側
抱っこ紐の内側につけるグレーのメッシュカバーの裏側

値段

お値段はお高いですが、エルゴADAPTクールエアー27,000円(税込)です。ベルト部分につけるガーゼ1,944円(税込)内側につけるパッド1,620円(税込)

今回は母に出産のお祝いとして購入してもらいました。大事に使わせてもらいます!

DADWAYで産まれる前に買うのがおススメ

私はDADWAYというお店で買ってもらいました。日本の正規取扱店舗となっていること、近隣の店舗でエルゴ専門のストアができていたからです。(東京の二子玉川ライズショッピングセンター内にあります)
お店は広々してていて、ゆっくり選べそうな雰囲気と、なによりもラインナップがしっかり揃っていました。

妊娠期間中は3回10%オフになるカードがもらえます。
DADWAYのポイントガード2枚
エルゴはどこのお店でもネットでもお値下げをしないのでこちらで買うのが一番お得です◎ポイントカードもありますが、8のつく日ポイント2倍DAYです。

まとめ

新生児から4歳まで使える抱っこ紐はなかなかないと思います。装着は少し難しそうですが、これはもう本当に慣れるしかないですよね。値段もかなり高いので迷ってしまう方も多いと思いますが、新生児から4歳までほぼ毎日使えると思うとコスパは最高なはずです。だんだんと大きくなってきて、体重も増えてくる赤ちゃん・・少しでも負担が軽くなるように、しっかり作られたエルゴが私はおススメだと思います。

赤ちゃんのもの選びって楽しいですが、選ぶ種類も多いし大物はやっぱり値段が張るなあとつくづく感じます。初めての子だからあれもこれも!と最初は思っていましたが、人に譲ってもらったり、何か代用できるものを探してみたり、出来ることはたくさんあると気づいてから、少し赤ちゃんのものに対しても考え方が変わりました。そもそもあまり物を増やしたくない私は、うまいこと考えてお金をかけすぎずに、何かもっと必要な場面でお金を使ってあげれるようにと思うようになりました。

ただ毎日使う超1軍の物や自分と赤ちゃんの負担が少しでも軽くなるものは、少し値段がするものでもよく検討してわが家に取り入れようと決めました。今回は買ってもらいましたがエルゴもその一部です。

みなさんの、抱っこ紐選びに少しでも役にたてればうれしいです!

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

アパレル、歯科助手、カフェでの仕事を経験し、現在1歳の娘がいる専業主婦30才。 生活の中での暮らし・お金について考えることが好きでブログを始めてみました!2017年FP3級独学で取得。 好きなことは食べる・寝る・散歩・海・おしゃれなもの