CROWNのジャズシューズ、革靴なのにお手頃で軽くてかわいい!

黒いクラウンのジャズシューズを履いている自分の足元の写真

CROWNのジャズシューズを実際に使ってみて感じたことをお話します!
レペットのジャズシューズとはどう違うのか、サイズ選びなどもご紹介します。

お手頃でカジュアルすぎない靴を探していたときに出会ったのがクラウンのジャズシューズです。
毎日、気軽に履けて合わせやすい!
黒と白を使い分けしてい履いているのでそのあたりもあわせてお見せしていきます!

 素材

まずはクラウンの大きな特徴と言っていいのがこの素材です。

黒いジャズシューズの表面の皺 

CROWNのジャズシューズは、強度がありハリのある牛革を使用しています。
そして、このしわっとなっている感じですが・・このような不規則なシワ模様をシボ感と言います。
シボ感のあるレザーは高級感があり大人っぽい印象を与えてくれます。

とても柔らかくて買った当初から履きやすいのはこの素材のおかげです!

minalu
確かに普通の革と違って、初めから少しこなれている感じがありますよね◎

 値段

お値段は11,000円(税込)です。
革靴って余裕で2万円、3万円とお値段しますよね・・。
革靴でこの値段ならとても買いやすくお手頃だと思います!

セールに出ているのは見かけたことがないので、店頭で試着をしてからサイズがあるときに購入するのがおススメです◎

 CROWNのジャズシューズを使ってみて

私がCROWNのジャズシューズを2足使い続けてみて気付いたことをお話していきますね。

CROWNの黒と白のジャズシューズが横並びしている画像

黒と白の2足を色違いで持っています。
あまりにも使いやすかったので白を後から買い足しました!

白いジャズシューズのシュー部分の写真

5つのシューレースがあり紐は細めです。
紐は少し安っぽい感じがあります。

白いジャズシューズの内側部分の写真 内側部分の生地は布っぽい感じで少しすれやすいですが。薄い分通気性が良いように感じます。

白いジャズシューズのかかと部分のラインが写っている写真

バック部分は縦のラインがアクセントになっています。

白いジャズシューズのソール部分の写真

ソールはグリップが効いていてすべりにくくなっています。
さすがのダンスシューズです◎

履き心地は?

柔らかい革なので、初めて履いた時からとっても足に馴染むような感じです。
そしてとにかく軽いです!

その反面、中敷きが薄く長時間歩くと少し疲れてしまいがちです。
地面と自分の足が近い感じがするので、歩いているときに地面からの衝撃を感じやすくなっているのだと思います。

補足
対策としては厚みのある中敷きをいれること

中敷きこそ自分と靴に合っていないと更に疲れてしまう、履かなくなってしまうという原因となるので、選ぶときにはお店の方にみてもらうなどしてくださいね。ちなみに私はこの靴で長時間歩くということがないので、中敷きを入れずにこのまま履いています。
中敷きが薄くて本当に困るということにはなったことがありません。

持ち運びがとても便利!

結婚式などのパーティーでどうしてもヒールを履かなくてはいけない場面では、行き帰りの靴としてCROWNの靴を持ち歩くことがあります。
靴自体がとても軽いのでかさばらず、あまり荷物にならずとても便利ですよ!
妊婦のときにはこのクラウンの靴で結婚式に出席したこともあります。

こんな感じで合わせてます

私は普段使いはもちろん、ちょっとしたパーティーなどキレイ目な恰好をする時にも合わせて履いています。
靴の形自体がコンパクトにみえるので、普段使いの中でもワイドパンツやフレアなスカートとは特に相性が良いかと思います。

CROWNの白い靴を履いている自分の足元

春になると白い方を履く確率が多くなってきます。

CROWNの白い靴を履いている自分の足元

ベージュのリネン素材のパンツとCROWNを合わせると、ナチュラルにまとまります。

クラウンの黒いジャスシューズと白い靴下と黒いパンツを履いている自分の足元の写真

その他細見のパンツとも相性が良く、パンツの丈が少し短いと靴下で遊んだりもできるので良いです!
evamevaやアトリエナルセのお洋服と合わせることが多いです!

evamevaの洋服4着をハンガーにかけて木の棒にかけている写真

evam evaのお洋服は抜群の肌ざわりとシンプルさが心地よい

2018年9月12日
アトリエナルセの白のサロペットと黒いブラウスを着ている自分の後ろ姿

アトリエナルセの大人サロペット、着こなし方やサイズ感お見せします

2018年9月6日

ちょっと気になるところ

履くときに気になるのが、このベロの部分です。普通の靴と比べると少し短いのですが・・・

白いジャズシューズのベロ部分の写真
靴はベロを持ち引っ張りながら履きますよね。その際に少し持ちづらいのです。
歩いている最中に気になることではないので、とってもマイナスな面というわけではありません。
最近ではそこまで気にならくなったので、慣れが必要かもしれません。
合わせやすさと使いやすさからしたらあまり問題にならないと思いますのでご安心下さい!

 repettoのジャズシューズとの違い

CROWNを購入する前はrepettoのジャズシューズを検討していました。
CROWNと比べると4,000円ほど高かったので、私なりに比較してみました。

ブランド CROWN repetto
シルエット

丸みがある

全体的にシャープ
革の厚み 厚めの革 薄めの革
値段 11,000円 14,300円

【CROWN】
丸みがあるシルエットで革は厚めです。お値段がお手頃なので試しやすい。

【repetto】
全体的にシャープな作りで薄目の革で作られています。少しお値段がします。

実際に履き比べたわけではないのですが、私がJAZZシューズを合わせたい恰好には、少し丸みのある形のクラウンのジャズシューズの方がかわいいかなと思いました。

 サイズ選び

CROWNのシューズは4~7までがレディース、8~10までがメンズとして売られていることが多いです。

CROWNのサイズ表記
4(23.5㎝)
5(24.0㎝)
6(24.5㎝)
7(25.0㎝)

ネットで買うとなったときには、サイズ選びは本当に難しいですよね。
私は足が大きく幅広で外反母趾です。(身長は160㎝で、服はSかMサイズです)
この靴はレディースサイズで一番大きい7を選びました。

革なので履いているうちに馴染んできて、横幅が少し広がってきました。
縦のサイズが伸びることはあまりないです。

minalu
取扱いのお店が近くにある場合は、実際に試着をしてみて当たる箇所はないか、違和感がないかを確認するのが失敗しないコツです!

 まとめ

CROWNのジャスシューズがどんなものかわかっていただけたでしょうか?
革製品なのにお手頃価格でちゃんとした感じにみえる!軽いので持ち運びにも便利なおしゃれ靴です。

私は気分や服に合わせて2足を使い分けています。
靴はサイズ選びがかなり重要なので、お店で試しに履いてみることをおススメします!
買ってもサイズが合わないと我慢すれば履けるかもしれませんが、いずれかは履かなくなってしまいます。

みなさんのお出かけやお散歩が、新しいお気に入りの靴でよりたのしい時間になりますように!

ダンスコの靴もかなりおすすめです!

黒いダンスコの靴を履いている自分の足元の写真

ダンスコの靴は重いけど疲れない!合わせやすさ使いやすさ抜群でほぼ毎日履いています

2018年3月25日

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

アパレル、歯科助手、カフェでの仕事を経験し、現在1歳の娘がいる専業主婦30才。 生活の中での暮らし・お金について考えることが好きでブログを始めてみました!2017年FP3級独学で取得。 好きなことは食べる・寝る・散歩・海・おしゃれなもの