リネン素材のキッチンクロス、フォグリネンワークがおしゃれでおすすめ!

フォグリネンワークの茶色と白と赤のストライプと黒の格子柄のキッチンクロス4枚

フォグリネンワークのキッチンクロスを4年感使ってみてのレビューをします!
すぐ乾くキッチンクロスが欲しい!麻のキッチンクロスって実際どうなの?と思われている方いらっしゃるはず。
フォグリネンワークのキッチンクロスはとても優秀なので皆さんにご紹介していきます。

foglinenworkとは?

fog linen workは”普段使い”をテーマにしたものづくりをしているブランドです。

基本のコンセプトは、「普段使いしやすく」「丈夫で」「ずっと使っていてあきないもの」「人やシーンを選ばないものを」
ブランド名にも入っている通り、リネン素材の商品を主につくっています。
シンプルなデザインで台所で使うリネン商品、寝具などのリネン商品、お洋服など日々の暮らしにぴったりのアイテムがたくさんあります。

下北沢にあるお店では、オリジナルのリネン商品のほかにインドで作っているワイヤー素材のカゴや雑貨類、世界各国でみつけてきたアクセサリーや、インテリア雑貨を販売しています。

私はこのお店に足を運んだことがありますが、とてもステキなお店でしたよ!
住宅街にひっそりとたたずむお店で、中は広めでブランドの良さが伝わってくるような、落ち着いた静かな雰囲気でとても見やすかったです。

場所は少しわかりにくいかもしれないので足を運ばれる際は地図をよく確認してみてくださいね。

フォグリネンワークのキッチンクロス

フォグリネンワークではお洋服やエプロンなども超定番アイテムですが、今回ご紹介するキッチンクロスは初めてフォグリネンワークでお買い物する方、ちょっとしたプレゼントを探している方にもおススメです!

フォグリネンワークのキッチンクロス4枚並べている写真

種類

生地の厚さが普通地と厚地とあります。

フォグリネンワークのキッチンクロスで普通地と厚地の生地の端を撮った写真

左側が普通地で右側が厚地です。

すごく違う?と言われると見た目ではそれほど変わりはありませんが、触ってみると確実に違います。
薄地は手触りが柔らかく軽い感じがあります。
厚地は少し固めの触り心地です。洗い終わった食器などを拭いていると、早く濡れてしまうのは薄地の方です。
それでもフォグリネンワークのキッチンクロスはリネン素材なので早く乾きます!

カラーや柄のバリエーションは現在37点にもなります。
リネンっぽい感じが抜群のホワイトやベージュ、チェックやストライプ柄など明るめのカラーから落ち着いたカラーまであるので、
どれにしようかな~と選んでいる時間がすごく楽しくなります◎

値段

1,265円(税込)

本当に丈夫なのにとても買いやすいお値段なのがありがたいです!
ただ一気に何枚も買うとなると高額になってしまうので、ちょこちょこと集めることをおすすめします。

使ってみて

フォグリネンワークの厚地の茶色と白のキッチンクロス

厚地は茶色に赤のラインが入ったものと色違いで白地に紺のラインが入っているものを持っています。

フォグリネンワークの普通地の黒と赤のストライプのキッチンクロス

普通地は黒の千鳥格子柄と茶色に赤のストライプの2枚で計4枚持っています。

フォグリネンワークのキッチンクロスの引っ掛け部分の写真 フォグリネンワークの白いキッチンクロスを冷蔵庫の横で使っている様子の写真

このように引っ掛けがついているので、冷蔵庫の横に磁石でつくフックを使ってキッチンクロスを手拭きとして使っています。

フォグリネンワークの白いキッチンクロスを冷蔵庫の横で使っている様子の写真

割と大き目なのでたくさん使えます。

パーティのときにテーブルクロスとして使っているフォグリネンワークのキッチンクロス

ホームパーティをするときには斜めにして2枚敷いて使うことが多いです。

パーティのときにテーブルクロスとして使っているフォグリネンワークのキッチンクロス

クロスを敷く方がお料理もよく映えます。

<洗濯と干し方>

私はドラム式の洗濯機で他の洗濯物と一緒に洗っていて、乾燥機にはかけずに干して乾かしています。
晴れた日にはお外に、お天気が微妙なときは部屋干ししますが、リネンは乾きやすいのが特徴で3時間もあれば乾いてしまいます。
あっという間に乾くので嫌な部屋干しの臭いもつきません!

干す際にはぴしっと手で伸ばしながら!というのがポイントです◎

乾燥機に間違えてかけてしまったこともありますが・・そうするとキッチンクロスの裾がくるっと丸まり、リネンのぱりっと感はなくなりました。(また洗濯して普通に干せば丸まりは取れます)

<アイロン>

アイロンは特にかけなくてもぴしっとした仕上がりになりますが、お客さんが来るときにテーブルウェアとして使うときにはアイロンをかけることもあります。
その際には、スチームアイロンの高温で真っすぐ伸ばすような感じでかけています!

 

毎日1枚ずつキッチンの手拭きとして使っていますが、とても丈夫で頼りがいのあるクロスです。
フォグリネンワークのキッチンクロスを使う前は、普通のタオルを使っていましたが濡れ続けている感じが嫌で使うのをやめてしまいました。

お料理中って何度も手を洗ったり拭いたりすることが多いですよね。
その中ですぐに乾いてくれるこのキッチンクロスは本当にストレスなく優秀です◎

自分で選んだお気に入りの柄なので、目にする度にいいなと思えてお料理中の気分を上げてくれます!

私は手拭き以外にもお客さんが来たときに、テーブルクロスやランチョンマット代わりに使うこともあります。
来客用にわざわざ買い足す必要もなくなり、おしゃれ!と褒めてもらうことも多いです。

今では毎日当たり前のように使っていますが、もう普通のタオルや他のキッチンクロスには戻れないと思います。

フォグリネンワークのリネン素材について

工場はfog linen workが提携している、リトアニア(フィンランドの南)という場所にあります。
生地の色や、柄とデザインをオリジナルのものとして日本からリクエストをしているのだそうです。

フォグリネンワークの黒い千鳥格子柄のキッチンクロスの素材表示 フォグリネンワークの黒い千鳥格子柄のキッチンクロスの洗濯表示

リネンの特徴です。

リネンの特徴
・吸水性にすぐれていれ、乾きやすい
・洗濯に強く、長く使える
・洗い込むうちに風合いがでてくる

私はリネンのおろしたての感じや、アイロンをかけたあとのパリっとした感じも好きですが、そのままアイロンをかけずにくたっとした見栄えで、柔らかくなってきているリネンも大好きです。

リネンは使うときに気を付けなければいけないことがあります。

注意
・摩擦によって毛羽立ちしやすい
・しわになりやすい 

お洋服だと少し気になってしまう部分があるかもしれないですね。
私はリネン素材のお洋服を何枚も持っていますが、毛羽立ちやしわもリネンだからこその形とおもっているのであまり気にしたことはないです。

まとめ

フォグリネンワークのキッチンクロスはいかがでしたか?

毎日使うアイテムだからこそ、使い勝手が良く自分のお気に入りのアイテムで揃えたいですよね。

フォグリネンワークのキッチンクロスは種類が多く、選んでいる時間までもたのしくしてくれます。
ちょとしたプレゼントにも最適なお値段です。

皆さんのお料理の時間やお食事の時間が、よりすてきなたのしい時間になりまうよに!

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

アパレル、歯科助手、カフェでの仕事を経験し、現在1歳の娘がいる専業主婦30才。 生活の中での暮らし・お金について考えることが好きでブログを始めてみました!2017年FP3級独学で取得。 好きなことは食べる・寝る・散歩・海・おしゃれなもの